美しい髪のためのシャンプー選びとヘアケアの方法

毎日シャンプーをしているかと思いますが、このシャンプーこそ意識をしてやらなければ美髪は手に入りません。

美髪を目指している方は、シャンプーの正しいやり方や髪の毛に合ったシャンプーを選ぶ方法などをこちらで覚えていってください。

シャンプーってなんの為にやるもの?

そもそもシャンプーってなんの為にやっているのか?その大きな役目というのは、頭皮の余分な皮脂・汚れを洗い流すことです。

頭皮の毛穴が詰まるとヘアサイクルが乱れてしまい、抜け毛などが増える原因にもなりますので、しっかりと頭皮の汚れを洗い流す必要があります。

ただし、頭皮に傷をつけないように爪を立てないで指の腹を使ってマッサージするように、血行促進を意識して洗ってください。

それからもう1つ!髪の毛につけた整髪料などの汚れをキレイに洗い流すという役目もあります。髪の毛は擦らないように優しく泡で洗ってすすいでください。

正しいシャンプーのやり方

正しいシャンプーのやり方はご存知でしょうか?どんなシャンプーを使っても、髪や頭皮はゴシゴシ強く洗うのではなくて、指の腹を使って優しくマッサージするように洗うのが重要なポイントです。

それから、汚れを落とそうと思ってたくさんシャンプーを使うのはやめましょう。

しっかり泡を立てて頭皮を優しく丁寧に洗い、すすぐときは37~38度くらいのぬるま湯で流すのがオススメです。

すすぎ残しがあると、頭皮にフケが溜まったりトラブルが起きたりして髪の毛にダメージが与えられるので注意しましょう。

朝シャンはお勧めできない

夜にシャワーやお風呂に入らずに、朝起きてから入るという人がいますが、それはあまりオススメできません。

頭皮と髪の毛の健康を考えたら、その日のうちにしっかりと汚れを洗い流してあげてほしいのです。

頭皮には皮脂膜という頭皮や髪の毛の水分蒸発を抑制するものがあり、細菌の侵入・繁殖を予防して、紫外線・ホコリなどから守ってくれるバリア機能もあります。

髪の毛を洗うと皮脂膜は洗い流されていくのですが、再生するのは4時間後となります。

もし朝シャンをすれば、皮脂膜がないまま外出をすることになるので、バリア機能のない頭皮でそこら中から刺激を受けまくることになります。

ですから、夜のうちにしっかりとシャンプーをしておく必要があるのです。

美髪のためのオススメのシャンプー

シャンプーには様々な種類があるので、何を使ったらいいのか悩んでしまいます。

そこで、頭皮に良い影響を与えてくれる成分についてご紹介しますので、気になるものがあったら試してみてください。

スカルプシャンプー

髪の毛にコシがない、抜け毛が目立つという方にはスカルプシャンプーがいいでしょう。血行促進や抜け毛予防などに効果のあるシャンプーとして知られています。

ちなみにスカルプシャンプーには、植物由来の界面活性剤が含まれているという特徴があります。

ノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプーは名前の通り、シリコンが入っていないシャンプーのことを言います。天然素材を使っており、髪の毛に良い成分なのですが、保湿効果があまりないという意見もあります。

ですから、ノンシリコンシャンプーだから必ず良いというわけではありません。もし保湿効果が薄いようであれば、コンディショナーなどを併用して保湿効果をアップさせてみましょう。

無添加シャンプー

無添加シャンプーというのは、厚生労働省が認定している「表示指定成分」が含まれていないものになります。

簡単に言えば、アレルギー反応や皮膚トラブルなどを起こす可能性がちょっとでもあるものは、一切含まれていないシャンプーという事です。

ですから、頭皮のトラブルで痒みなどが気になるという方は、無添加シャンプーがオススメです。

自分に合ったシャンプーを探す

その他にも、頭皮の皮脂が多い場合には「オイリー肌用」というシャンプーが合っていますし、乾燥肌の人であれば「乾燥肌用」のシャンプーが合っていますし、それぞれに自分の頭皮の状態に合わせたものを選ぶといいでしょう。

それから、「アミノ酸」が含まれているシャンプーは、かゆみ・フケなどを抑える効果がありますので、そういったお悩みがある方にオススメです。

https://www.mikami-jinja.net/

美髪にはトリートメント!効果や種類は?

シャンプーをしたときに、トリートメントは一緒にやっていますか?美髪を目指してヘアケアをするのであれば、やはりトリートメントは不可欠です!

という事で今回は、トリートメントの効果・種類などをご紹介しますので、美髪ケアをした方は是非参考にしてみてください。

トリートメントってどんな効果があるの?

トリートメントというのは、「キューティクル」を整えることができるので、髪の毛をパサパサした状態から滑らかにしてその状態をキープする効果があります。

さらに髪の表面だけではなくて、髪の毛に吸着して内部までしっかり浸透していくので、髪の内側から補修をしてくれるのです。

もちろん髪の表面もコーティングしてくれるので、外部の刺激から例えばドライヤーの熱などから髪の毛を保護することができます。

トリートメントは絶対にやらなければいけないというものではないですが、美髪の為にヘアケアをするのであれば、トリートメントはお勧めです。

特に、カラーリングやパーマなどで髪の毛が傷んでいる人は、トリートメントを取り入れたほうがいいでしょう。

トリートメントには種類がたくさんある

トリートメントというのは、たくさんの種類がありますので目的やあなたの髪の毛の状態に合わせて選ぶことができます。

オイルタイプ・アロマタイプ・ミルクタイプなどなど、様々なテクスチャーのトリートメントが販売されており、ここ数年で人気が高まったのはアウトバスタイプのトリートメントです。

いわゆる「洗い流さないトリートメント」です。これはパックをしたような状態になりますので、洗い流すタイプよりも効果が高いと言われていますし、なにより洗い流さなくていいので楽ちんです。

あなたに合ったトリートメント選び

やはりトリートメントは、あなたの髪質や状態にあったものを選ぶ必要があります。ここでは、3つのポイントに分けてトリートメント選びのコツをご紹介したいと思います。

髪の毛の傷み具合

髪の毛の傷み具合をまずは見てみましょう。髪の毛の指通りが悪い、パサパサしているという状態は、かなりダメージが大きいと言えます。頻繁にパーマやカラーをやっている人も、傷み具合が大きいと言っていいでしょう。

毛質

髪の毛の傷み具合をチェックして、自分に合ったトリートメントをある程度絞れたら、今度はあなたの毛質にあったものをチョイスしてみましょう。

細い毛・やわらかい毛・太い毛・かたい毛などなど、特徴がかなり異なりますので毛質似合わないトリートメントを使っても、十分な効果を得ることができません。もし自分の毛質が分からないという場合には、美容院に行った時に美容師さんに教えてもらってください。

アレルギー

トリートメントがほぼ選べたら、最後はアレルギー反応が出ないかどうかをチェックしましょう。実際に少しだけ使ってみて、もし頭皮などに異変や炎症が起きたらすぐに使うのを止めましょう。

ヘアオイルは効果と正しい使い方

ヘアオイルを使っている方はどのくらいいるでしょうか?

そもそもオイルという名前が付いているので、べたつく気がしてあまり使いたくないという人もいるのではないかと思います。

ただ、ヘアオイルは美髪を作るうえでとても優秀なのです。

紫外線が強い時期、乾燥する時期などいつの間にか髪の毛はダメージを負っています。

そんな時に、ヘアオイルが大活躍します。ちゃんとした使い方をすれば、髪の毛の傷みが改善されてサラサラの美しい髪の毛が復活します。

という事で今回は、ヘアオイルについてお話をしていきたいと思います。

ヘアオイルの効果について

熱から守る

髪の毛にヘアオイルを付けてコーティングすることにより、ドライヤーの熱から髪を守ることができます。

摩擦から守る

髪の毛をとかすときに、ブラッシングで摩擦が起きるのですが、ヘアオイルを付けていると摩擦のダメージからも髪を守ることができ、切れ毛・枝毛などを予防することもできます。

さらにヘアオイルを付けてブラッシングをすると、毛流れがキレイになりツヤも出ますので、とてもキレイな髪の毛ができあがります。

頭皮マッサージ

ヘアオイルの中でも「頭皮マッサージ」ができるオイルであれば、頭皮マッサージをしたときの摩擦ダメージを軽減することができます。

乾燥から守る

冬場や夏場のエアコンが付いた部屋など、乾燥している場所に長時間いると髪の毛も乾燥します。そんな時にヘアオイルをつけていると、乾燥から髪の毛を守ってくれて、静電気を防ぐこともできます。

ヘアオイルの正しい使い方とは?

ヘアオイルを使って髪の毛がベターっとしてしまったという人もいるかと思います。

それは使い方が間違っているという事です。髪の毛がべたべたになって、見た目もかなり悪くなりますので、正しい使い方をこちらでマスターしていってください。

ヘアオイルをつけるのはいつ?

髪の毛は濡れているとキューティクルが開いているので、様々な成分が浸透しやすい状態になっていますから、そこでヘアオイルを使うのが最も効果的です。

お風呂から出た時に、タオルドライをしてまだ濡れている髪の毛にヘアオイルを使ってください。乾かす前に浸けることで、ドライヤーの熱から髪の毛や頭皮を守ることができます。

それから、朝のスタイリング前にヘアオイルを使う事もできます。髪の毛が硬くてスタイリングにてこずってしまう人は、ヘアオイルをちょっとだけ髪の毛になじませてからスタイリングをしてみてください。

ヘアオイルの量は?

ヘアオイルはワンプッシュが目安となっています。ショートなら1~2滴、セミロングなら2~3滴、ロングなら3~4滴くらいでやってみましょう。

商品にも目安の量が記載されていますので、そちらに従ってもOKです。

正しい付け方

手のひらにヘアオイルを垂らして、両手でこすり合わせてから髪の毛に塗布してください。そして、根本ではなくて毛先を中心にしてオイルを馴染ませていきましょう。基本的には根本~真ん中くらいまでヘアオイルをつければOKです。

付け過ぎるとべたべたするので注意しましょう。

ヘッドスパで美髪になろう!施術の流れと具体的な効果について

ヘアケアに力を入れている方は、ヘッドスパにも興味があるのではないでしょうか。

ヘッドスパというのは、最近では多くの美容室などで取り入れられている施術となっており、「気持ち良い」とか「スッキリした」という声をよく聞きます。

ただ、まだやったことがない人は、実際にどんなことをするのか?どんな効果があるのか?と疑問に思っていることがたくさんあるでしょう。

そこで美髪を目指す方に知っていただきたい、ヘッドスパの効果や施術内容などをご紹介したいと思います。

ヘッドスパってなに?

ヘッドスパというのは、インドのアーユルヴェーダを起源にして作られた、日本オリジナルの施術になります。

  • 頭皮クレンジング
  • マッサージ
  • 髪の修復

この3つの要素でヘッドスパは成り立っています。

それから、頭皮マッサージによって筋肉のコリがほぐされていくので、フェイスラインのリフトアップ効果も期待できるのが魅力です。

日々の疲れ、ストレスなどを癒し、体調を整えながら美髪の為のケアができる、それがヘッドスパなのです。

ヘッドスパで美髪効果

ヘッドスパを行うと、頭皮に優しいクレンジング剤を使って洗浄をしてもらう事ができます。そして、頭皮の汚れをキレイに落として、清潔な地肌を生み出すことが可能になります。

頭皮の毛穴のつまり、古い角質などを除去すれば頭皮のフケ・臭いなども改善することができます。

そして新しく生えてくる髪の毛は、とても健康な状態で生えてくることができるようになるのです。

一般的なヘッドスパの施術の流れ

ヘッドスパは様々な店舗で行っていますので、流れも同じなわけではありませんが、基本的な施術の流れについてご説明をしておきます。

1、カウンセリング

頭皮をマイクロスコープなどでチェックして、毛穴のつまりやトラブルの原因などを調べていきます。ここで気になることがあれば、どんどん質問をしてください。

2、頭皮のクレンジング

カウンセリングが終わったら、髪の毛と頭皮に水分を与えてリラックスした状態で頭皮のクレンジングがスタートします。

洗うというよりは、マッサージをしているという感覚になります。シャンプーも専用のものを使いますので、頭皮と髪の毛を優しくしっかりとケアしてくれます。

3、トリートメント

頭皮のクレンジングが終われば、最後はトリートメントをします。美容成分が配合されたトリートメントを使って、頭皮を柔らかくしてコリをほぐして血行を促進させ、健やかな状態に導きます。

さらに髪の毛もツヤツヤのサラサラになりますし、頭皮マッサージのおかげでリフトアップ効果も期待できるのでとても嬉しい効果が続きます。

4、首や肩のマッサージ

リンパの流れに沿って、首から肩にかけてマッサージをしてコリをほぐします。老廃物が排除され、血行促進効果もありスッキリとした気持ちで目覚めることができます。

このように、細かい部分は異なってくると思いますが、ヘッドスパというのはリラックスをした状態で、至れり尽くせりのヘアケアをしてもらえるという、魅力的な施術です。

髪工房