美髪に重要なブラッシングの正しいやり方とヘアブラシの選び方

美しい髪のつくり方

美しい髪の毛を作るには「ブラッシング」が重要です。

ブラッシングをしたら、髪の毛が傷むのでは?と思う人もいるでしょう。しかしそれは間違ったブラッシング方法をとっているからなのです。

正しいブラッシングができれば、髪の毛はとてもキレイになりますので、美髪をキープするためのブラッシングについてお話をしていきたいと思います。

ブラッシングをする意味とは?

ブラッシングというのは、髪の毛についている抜け毛・ホコリ・汚れなどを取り除くことができ、櫛通りを良くします。そして頭皮についている皮脂を髪の毛全体に行きわたらせることによって、潤いを与えることができます。

さらには頭皮にほどよい刺激が加わって血行が促進されますし、頭皮の新陳代謝もアップします。

ですから、ブラッシングというのは頭皮・髪の毛の為に是非ともやっていただきたいのです。

ただし、やり方を間違えると最悪な事になりますので注意が必要です。

例えば、頭皮にかなり大きなダメージを与えるようなブラッシング、適当なブラッシング、同じところを何度も往復するなどは、頭皮や髪の毛に負担がかかってしまい、フケ・かゆみなどの原因になりますし、切れ毛も増えます。

ですから、正しいブラッシングの方法をここで覚えていってほしいのです。

ブラッシングの前にやっておくこと

まずは、ブラッシングをする前のヘアケアがありますのでご紹介します。そのまま髪の毛をとくと、櫛が引っかかって切れ毛・抜け毛などが増えたり、無理矢理とかしてしまうとダメージが与えられます。

ですから、髪をとかす前には「髪を湿らせる」ことと「髪をなめらかにする」ことを実践します。中でも髪の毛が乾燥している人は、絶対に髪の毛を湿らせてください。乾燥したままブラッシングをしても、ヘアケアの意味がありません。

髪の毛のダメージが深刻な場合には、ブラッシング用のスプレーなどがあるので、そちらを髪の毛全体にかけて起きましょう。それから、毛先のダメージが深刻な場合には、毛先にオイルやクリームを塗布しておきましょう。

正しいブラッシングのやり方

頭皮にも髪の毛にも優しくて嬉しい効果を実感できる、正しいブラッシングのやり方をご紹介しましょう。

  • 毛先に「もつれ」があれば、そっとほぐすようにしながらブラシをいれる
  • 髪の毛の真ん中ちょっと上くらいから毛先に向かってブラシをいれる
  • 根元から毛先に向かってブラシをいれる

このように、毛先の方から少しずつブラッシングをしていくのがポイントです。

そして、丁寧に優しくゆっくりとブラシを動かすようにしてください。頭皮を引っ張らないように、摩擦でキューティクルを剥がしてしまわないようにするためです。

髪の毛が長い人は、この手順をもう少し分けて少しずつ毛先の方からブラッシングをしていきましょう。

間違っても、強く無理やりブラッシングをしないように注意してください。

ブラッシングをするタイミング

ブラッシングはシャンプーをする前に行うのが1番オススメのタイミングです。ブラッシングをしてからシャンプーをすると、とても意味のあるシャンプーができるようになります。

最適なヘアブラシの選び方

ブラッシングをするときに、髪の悩みによってブラシを使い分けるのがヘアケアをする人の極意!

髪質というのは人によって異なりますので、あなたの髪質に合ったブラシを使わなければ、髪の毛が余計に傷んでしまう可能性があります。

そこで今回は、あなたに合ったブラシが選べるように、様々な種類のブラシをご紹介しますので、参考にしてみてください。

頭皮・髪の汚れが気になるなら

頭皮や髪の毛の汚れが気になっている方、シャンプーをしても汚れがちゃんと落ちていないような気がするという方は、「クッションブラシ」を使うといいでしょう。

クッションブラシというのはラバー部分がクッションみたいになっていて、真ん中に盛り上がり部分があり、そこを使って髪の毛にしっかり当たるように作られています。

シャンプーをする前に髪の毛についている切れ毛・抜け毛・ホコリなどを取り除くためのブラッシングや、頭皮マッサージに使うブラシに向いています。それから、髪質が「柔らかい人」にもオススメのブラシです。

ただ、ブラシの先端が頭皮に強く当たるものだとダメージになるので、ブラシの先が丸くなっているものがオススメです。

髪の毛の量が多くて絡まってしまうなら

「スケルトンブラシ」は、手ぐしのような感覚で摩擦もほぼないので、髪の毛の量が多くて絡まってしまうという人にオススメです。

隙間が多いので、髪の毛が絡まりづらくなっていますし、ブラッシングをするときのダメージも少ないという特徴があります。カラーやパーマでダメージを負っている髪の毛にも合っています。

抜け毛が多くて困っているなら

抜け毛が多い場合には「パドルブラシ」がオススメです。ブラシのサイズが大きくて、一気にブラッシングができますし、クッションが柔らかいのが特徴的です。頭皮を優しくマッサージすることもできますので、抜け毛対策にも効果的です。

くせ毛がひどくて困っているなら

くせ毛を直したいときには「ロールブラシ」がオススメです。くるっと360度どこにでもブラシが付いているあの美容院などで見かけるロールブラシです。

根元からロールブラシを使ってしっかりとブラッシングをすると、くせ毛を伸ばしてスタイリングがしやすくなります。さらにカールのアレンジにも使う事ができますので、ストレートヘアの人にとって、使い勝手の良いブラシです。

髪の毛のボリュームが凄くて大変なら

櫛の隙間がかなり大きい「ジャンボコーム」がオススメです。髪の毛のボリュームが多くて大変な人や、特に髪の毛が傷んでいる人にはとても合っているブラシとなっています。

静電気が起こる、ツヤがないなら

木製の櫛というのは、静電気が起きにくいのでかなりスタイリングがしやすくなります。さらに髪の毛をとかせばとかすほどに、どんどんツヤツヤになってくるので、ブラッシングをしながら美髪を手に入れることができます。

さて、あなたに合ったブラシは見つかりましたか?